ドローイング ナンバーズ新宿店オープン

先週は新宿に出来たルミネによるオトナの館「NEWoMan」のオープンでした。
2年前の3月に立ち上げたブランド「ドローイング ナンバーズ」の3店目が出店。
オープンまでのPRと内覧会のケータリングまでを、助っ人として担当しました。

パルのプロモーションやプレス組織も
拡大して、陣頭指揮をとってたブランドも担当者が育った3年前。
会社のミッションでなく「自分のミッション」もやりたいなぁ。やらなくてはっ。

と考えてた年明け、それを仲の良い役員のひとりに「新年の抱負」として伝えてました。
それがこのドローイング ナンバーズの立ち上げに参加したきっかけ。

そこからプレス採用までの半年間、会社の全体のお仕事+ドローイング立ち上げ(゚o゚;;

骨董通りのショップ設計や、西海岸のデザイン会社ハウスインダストリーズとのロゴやエキシビション契約、

たくさんのコラボ先との企画や契約事、販促物のディレクションにオープニングのプレスレセプションとなんでもやりました。


やりたい!と言ってしまったからねw
さまざまな魅力あるクリエイターに
参加してもらい、素敵なご縁を得て3年目の春を迎えています。
この半年はまたプレス不在のピンチヒッターを引き受けてきて、この新宿店オープンでやっと新プレスに引き渡しできました。

パルで勤めた6年半は、会社全体のプロモーションのまとめと共に、

規模拡大のためのプロモーションやブランディングが私のミッションになることが必然で、

ライフワークだった「オトナのファッション」とはまた違う戦略をとってきてました。

だからこのドローイング ナンバーズは、とっても大変だったけど、楽しく幸せな仕事だった♡

骨董通りのお店や玉川店でプレスイベントだけでなく、ワインナイトやCOEDO BEERさんとのコラボナイトまで、、、

お客様の喜ぶ顔を見ながら過ごせた時間は、私のビタミン剤です。

そして新宿店オープン(#^.^#)

 

2016年は「フルーツ」がラッキーアイテムとのことで、

フルーツスムージーやフルーツティーなどをeat tokyoさんにお願いして、こんなかわいいフルーツスタンドが出来ました。

 

 

取り扱い商品としては、関根正悟さんのフルーツイラストのトートやビタミンカラーがいっぱいの店内です。

 

クリエイターやお店のスタッフ、そしてお客様とのご縁が繋がって、

素敵な時間や人生のエッセンスが得れる空間、それがショップだと思います。

過去に働いて来たザ ギンザもエポカ ザ ショップも

LOVELESS もその時代時代の役割を果たして来た。

これからBLOOM&GROWで関わるショップやブランドも、

そんな気持ちを込めて、関わっていきたいと思っています✨

2016年03月28日|event:イベント&展示会