エモーショナルな経験が生むモノ

エモーショナルな経験が生むモノ


最近、何かに感動したりドキドキした経験はありますか?
私は観劇が趣味なので、劇場で芝居やミュージカルを頻繁に観ます。
それでも、感動したり何かを残してくれる作品は多くはありません。

そんな私がファッションのブランディングを生業として、
ブランド立ち上げやイベント、広告に関わり続けた原点とも言える
エモーショナルな経験があります。

1995年10月、パリで見たJohn Galliano1996SSコレクションです。
ザ・ギンザのPRとして出張してたパリコレで見たショーのひとつ。
同年にジバンシィのデザイナー就任が発表になったタイミングでした。

当時の珍しい映像がYouTubeにアップされています。

 




会場となったThéâtre des Champs-Élyséesはバレエやオペラのための劇場。
ロシアのマトルーシュカ(ホンモノ!)が招待状となり、劇場に行くと
まるでバレエのガラ公演の様でした。
シャンパン片手にバルコニー席へ案内されると
1F客席の中で青年ドガに扮した役者が油絵を描いています。
そうテーマは「ballet」。それを客席に感じさせた時、舞台の幕が開くと・・・・
その舞台の上にも客席があり、お互いが見合う様相に!
そしてモデルたちも舞台と客席・2階席までをランウェイに、
コレクションを披露したのです。
コレクションのメッセージを伝えるに十分な演出。
ブランドのクオリティやこだわりを伝えるサービス。
そして美しい、今まで見たことのない世界を体験した参加者たちの
大歓声。
私がファッションのシゴトに恋した瞬間でした。
世界中から集まったジャーナリストやバイヤーも、ジョン ガリアーノに魅了されてた。
それは彼だけのチカラではなく、彼のディレクションのもと集結した才能達のシゴトです。

もうひとつ、最高にエモーショナルなショーのワンシーンをご紹介します。

 

 

 

 



Alexander Mcqueen 2006FWコレクションのラスト。
薬物疑惑から大手ブランドの広告・メディアから四面楚歌だった
友人のケイト モスをショーのラストにホログラムで登場させました。

ショーの終盤、美しいコレクションのまま終わるかと思われた瞬間、
会場の真ん中に設置されていたピラミッドの中からの
流れる時間をなんと表現したらよいのでしょう。

その後の会場の模様は映像には収まっていませんが
会場の招待客の悲鳴にも似た歓声と、足を踏み鳴らす音、
マックイーンへのスタンディングオベーションは忘れられない経験です。

エモーショナルな経験が生むモノ。私はそれは心豊かな人生だと思っています。
アートやファッション、サービス、他にもたくさんのシゴトがそのパワーを生むチカラがあると。

世界規模のシゴトでなくても、同じこと。
私はこの体験から、「自分が関わるブランド体験からドキドキや共感を感じてほしい」
との願いを込め続けてシゴトをしています。




この写真はJohn Galliano 1996年秋冬コレクションの招待状。
一点ずつ、作られた袖に会場図や配席が書かれています。

2016年07月26日